東日本大震災から3年が過ぎました。あれから3年とは早い

ものです。会社の事務所も大きく揺れ、本棚が倒れて建物の

外に出るのがいっぱいだったのを思い出します。

 

 その当時はこの鳩山町でも、地盤の弱い場所では屋根瓦が

落ちて割れたり、建物に被害があったお宅も多かったです。

大きい余震に気をつけながら、職人と一緒に屋根に上がって

屋根の応急処置をしていました。屋根修理をしているそばか

ら隣近所の方に依頼されて、できるだけ早く修理すのに大

変苦労したのを記憶しています。

 

 政府でも最近首都圏直下型地震の警告も発していますし、

当社でもいつか発生するであろう地震のために木造住宅の耐

震リフォームなどを手掛けています。

耐震リフォームする前にはより良く補強工事を進めるために

耐震診断を行っています。

 

 今回は、今度リフォームするお宅を耐震診断してきまし

た。

当社で行う耐震診断は、簡易的に間取り図だけで判断するの

とは違い実際にお宅にお邪魔して2~3時間をかけて丁寧に調

査していきます。

建築確認の図面があればそれを参考に調査を進めますが、図

面がない場合は実測しながら図面を起こして実際にどこに筋

違などが入っているか、壁材の種類など確認していきま

す。

 

耐震診断 図面作成

耐震診断 図面作成

 

筋違を確認するには色々な方法がありますが、表面からでは

判断できい箇所もあるので小屋裏や床下にもぐります。一

緒に、腐朽している箇所はないか、シロリの被害がないか

も確認していきます。

 

耐震診断 床下

耐震診断 床下

 

耐震診断 小屋裏 

耐震診断 小屋裏

 

下の写真は基礎に鉄筋があるかを鉄筋センサーで鉄筋の有無

やピッチなどを調べているところです。

 

センサーを使って基礎の鉄筋の確認

センサーを使って基礎の鉄筋の確認

 

色々隈なく調査して耐震診断はおよそ3時間くらいで終了し

ました。

 

 リフォームの予定などなくても地震の備え対策として今の

住まいの状況をることは大切だと思います。

耐震診断だけでも受け付けていますし、自治体の補助金も受

けられる場合があります。築年数がたっている住宅に住まわ

れている方には耐震診断はお薦めしています。

 

 以前として東北の復興はまだまだで、自分自身は何の役に

も立てないですが、少しでも早く復興を出来るように願うだ

けです。

 

  以前からお世話になっているお施主さん宅の給湯器の交

行いました。

 一般的に、冬の時期になると給湯器の故障は多くなるみた

いです。

お湯を使う頻度も多くなるので仕方ないのですが、特に急

寒くなる給湯器が壊れやすくなるみたいですね。寒い時こ

そお湯を使いたいに困ったものです。

給湯器の耐用年数は使用頻度で異なりますが、だいたい10年

くらいで交換時期になります。今回はオイルタンクも一緒に

交換しました。

 

給湯器交換

給湯器交換

 

オイルタンク交換

オイルタンク交換

 

Pages: Prev 1 2 3 ... 50 51 52 53 54 55 56 ... 78 79 80 Next