東松山市の新築住宅の現場です。

先日、第三者機関に依頼して、気密測定を実施しました。

気密測定は家の隙間から空気が漏れていないか確認する試験です。

理論値ではなくて、一棟一棟、測定を実施しないとデータはわかりません。

 

気密測定器

気密測定器

 

どれくらいの性能なのかを判断するには、車の燃費と同じで指標となる数値があります。

C値(隙間相当面積)という値です。この値が小さいほど、性能がいいことになります。

C値が1.0 ㎠/㎡以下なら性能としてはいいと思います。

 

よく、「高気密高断熱の家をつくったのだけれど寒い」なんて言う話を聞いたことが

ありますが、その住宅は、本当に高気密なのかを疑ってしまいます。

絶対に高気密かを判断するにはC値を現場で測定しないと判断できないので・・・。

もし、気密測定をしないで、高気密と謳っているのは疑った方がいいと思います。

せっかく、いい断熱材を使用しても気密性が悪いと断熱性能は悪くなってしまいます。

冬暖かくて、夏涼しい家に住みたいと思って、断熱材にこだわる方は大勢いますが、

気密性にこだわる方はあまりいないと思います。

ですが、断熱性を考えるうえでも気密性能は非常に重要な要素です。

 

高気密の家は体によくないんじゃないのか?と思われる方もいるかもしれませんが、

最近の研究では気密性のいい住宅から気密性の悪い住宅に引っ越した場合

アトピーや喘息などの症状が改善したという近畿大学 岩前研究室の実験データも

あります。

昨年は、週刊文春の特集ページにも掲載されていました。

 

住宅を新築するうえで、C値の値がいくつかは重要です。

もちろんリフォームの際にも気密性能がいい方がいいのですが。

 

で、今回測定した東松山市の新築工事の現場の結果はどうだったかというと、

C値は0.2 ㎠/㎡でした。かなりいい測定結果で日本の住宅でもトップクラスの値です。

 

気密測定結果

気密測定結果

 

この数値を出すには、かなり隙間に気を付けて施工していかないといけないので

現場の職人の力のおかげです。

 

ちなみに断熱材はアイシネンの断熱材を吹き付けて隙間なく密閉しています。

小さい窓枠の周りも、きっちりと充填しているので断熱性もいいです。

柱は120mm角なので、断熱材の厚みは100mmから120mmくらいなので標準よりも

厚みがあります。

 

アイシネン吹き付け断熱材

アイシネン吹き付け断熱材

 

当社でも高気密高断熱住宅を手掛けているのでこれからも継続して施工していきたいと

思います。

 

来年の5月で元号が新しくなるので、今日で平成最後の5月が終わりなんですね。

東松山の注文住宅の現場は結構進んでます。

 

躯体の検査と防水の検査も問題なくクリアして、外部はほぼ終了して内部の造作などに

進んできています。

 

木構造は埼玉県産材の桧や杉などを多く用いているので、埼玉県の木の家の補助金の対象に

なっています。

 

木構造 小屋組

木構造 小屋組

 

躯体の防蟻処理はホウ酸を使用しています。

あまり、ホウ酸処理をする工務店は少ないかもしれませんが、最近ではホウ酸処理の有効性

が広まってきました。

人には優しいので、安心して使用できます。

 

ホウ酸 処理

ホウ酸 処理

 

躯体と防水検査はJIOの検査員にしてもらいました。

 

JIO 防水検査

JIO 防水検査

 

躯体の面材の透湿防水シートはタイベックのシルバーを使用しています。

このタイベック シルバーは透湿防水シートでは高性能で価格もいいのですが、

赤外線の約85%を反射する遮熱性があり、強靭性があり、防水耐久性に優れた透湿防水

シートです。

共和木材のネームを特注で入れてもらっています。

検査員の方には、「かなり良いものを使ってますね」とは言われます。透湿防水シート

だったり、金物だったり。

見えないところにこそ、当社ではいいものを使用しているので、いつも検査している検査員

の方に評価していただいて、違いが分かってもらえるので嬉しいですね。

 

 

透湿防水シート タイベック シルバー

透湿防水シート タイベック シルバー

 

ネームの文字が赤文字なのは色によっても性能が変わるので、メーカーによると性能の

変化が少ない色の赤文字を使用しているらしいです。

今日で年度末も終わりですね。

なかなかいそがしくて更新できないくなってしまいました。

 

先日、東松山市の注文住宅の上棟しました。

もう、数週間前なので工事は進んでいますが上棟までのものをアップしていきたいと

思います。

 

べた基礎の下には地鎮祭の時に神主さんにいただいた鎮め物を埋めています。

 

コンクリートの打設前には、配筋をしますが配筋を仕上がった段階で検査機関の

検査を受けました。

ちゃんと図面通りに配筋されているかのチェックを第三者機関にお願いして

確認してもらいます。

 

基礎が完成したら土台を敷いていきます。

 

東松山市 注文住宅 べた基礎

東松山市 注文住宅 べた基礎

 

 

一般的には、基礎パッキンというものを設置していくのですが、基礎と土台の間には

減震装置というものを設置しています。

熊本の地震でも効果があったものです。

 

減震装置

減震装置

 

土台と基礎を緊結するアンカーボルトと土台の継ぎ目や柱の下に丸い形の装置です。

摩擦で揺れを軽減するしくみになっています。

 

東松山市 注文住宅 上棟

東松山市 注文住宅 上棟

 

構造体には主に埼玉県産の木材を使っています。

埼玉県産木材を使用して一定の条件をクリアしていると、補助金の対象に

なっていてます。

 

注文住宅 木構造

注文住宅 木構造

 

東松山市 注文住宅 上棟

東松山市 注文住宅 上棟

 

柱には檜、桁や梁などには杉や米松などの無垢材です。

柱は4寸角の檜で、母屋や束なども4寸角なので、構造的にも強い構造です。

そこはやはり、材木屋の強みでもあります。

 

 

 

 

 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next