鳩山町で浴室と洗面所のリフォーム工事です。

 

浴室は既存のタイル張りの浴室からユニットバスにリフォームし、

洗面所は床の張替え、天井壁のクロスの張替え、洗面化粧台の交換のリフォームをしました。

 

ユニットバス

ユニットバス

 

ユニットバスはTOTOのサザナシリーズのユニットバスです。

窓の位置も変えて、窓は断熱窓に交換しています。

 

浴室のリフォームをするときには断熱のことも考えてリフォームするのがお勧めです。

10月くらいの週刊文春の記事にも「温かい家は寿命を延ばす」ことが書かれている記事が

出ていました。

 

もう、建築にたずさわっている人の間では当たり前のはなしですが、一般誌に掲載たことは

広まっていくと思うのでいいことだと思います。

 

当社では新築の時は、当たり前のように、断熱性能は高断熱が標準です。

長期優良住宅仕様で設計しています。

 

断熱性能を表す数値でいうとUa値という値が0.6以下くらいで、気密性C値は1.0以下が

標準です。

この指標は車の燃費みたいなもです。

車の燃費でいうとリッターあたり数値が大きい方が燃費がいいということになりますが、

住宅の性能を表す、Ua値やC値は数値が低いほど性能がいいです。

 

ちょっと話がずれましたが、30年前の住宅と今の住宅を比べると断熱性能は全然

違います。

ヒートショックという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、冬場に、

寒いトイレや浴室洗面所などで起こる可能性が高いです。

原因は、断熱性能が低いことです。

 

ですので、浴室をリフォームする際には、断熱リフォームも検討されることを

共和木材でもお勧めしています。

 

 

浴室リフォーム前

浴室リフォーム前

 

上と下の写真はリフォーム前の前と後の写真です。

浴室は在来工法のタイル張りだったので解体には少し手間がかかります。

 

洗面所 リフォーム前

洗面所 リフォーム前

 

洗面所は床も一度全部はがして、床の下地から交換しました。

洗面化粧台はTOTOのサクアシリーズの洗面化粧台です。

以前の洗面化粧台に比べると、扉も開き扉ではなく引出しになっていてます。

収納スペースも下までにも引出で収納スペースがあります。

 

 

 

洗面所 TOTO洗面化粧台 

洗面所 TOTO洗面化粧台

 

床材は、昨年リフォームさせていたいただいた床材と合わせて一緒のフローリングです。

床下にもぐるための点検口は断熱材がある断熱仕様の床下点検なので、冬の寒さを低減でき

ます。

鳩山町のリフォーム工事のつづきです。

 

居間の和室には堀炬燵を設置しています。

堀炬燵の大きさは畳1帖分より、少し小さいサイズにです。

 

居間 堀炬燵

居間 堀炬燵

 

堀炬燵は、Panasonic製でヒーターと座卓がセットの製品です。

もちろん、夏場は堀座卓として使用して、冬場は堀炬燵として活用できます。

 

居間 堀炬燵

居間 堀炬燵

 

最近は、どこの居酒屋さんでもそうですが、堀座卓の方が女性も正座しなくていいですし、

楽だと思います。

実は、自分の自宅の居間も掘炬燵なので、すごく快適に過ごせてます。

 

和室の今は畳を新しく交換して天井も古い天井を解体して、新しい目透し天井を施工しました。

柱が表に見える真壁つくりなので、既存の柱などはそのまま残しています。

サッシも既存のサッシから断熱サッシに交換して断熱性を高めています。

 

 

キッチンも内装や設備をリフォームしました。

 

クリナップ クリンレディ

クリナップ クリンレディ

 

キッチンの設備はクリナップのクリンレディという製品です。

一般的なキャビネットはMDFなどが多いですが、クリナップの特徴は何と言って

ステンレスが最大特長でなので、このクリンレディのキャビネットは

ステンレスでできています。

ステンレスだと、カビやニオイがつきにくく清潔で長寿命になります。

 

クリンレディ 収納力

クリンレディ 収納力

 

キッチンは引出し収納と足元収納でデッドスペースなく、収納力があります。

足元収納にはストック品や使用頻度が低い道具などが収納できます。

大きなお鍋なども収納できますし、包丁などは取り出しやすいように収納できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next