鶴ヶ島市の若葉駅前の木造賃貸アパートの新築現場です。

昨日、無事に上棟できました。規模が大きいので2日間に渡り基礎工事をした鳶方の頭や

大工方総出で建て方をしました。

 

まずは土台の上に柱を番付通りに建てていき梁や胴差をクレーンでつり上げて組み立て

ていきます。構造材などには集成材ではなくて、柱には自社工場で原木から製材した

埼玉県産西川材の檜、梁などにはベイマツなどの無垢材を使用しています。

柱には自然乾燥なので背割りが入っています。人工乾燥と比べると色味も良くて焦げた

ような匂いはしません。

 

建て方 鳶の頭

建て方 鳶の頭

 

1F木構造

1F木構造

 

1日目は1階部分を組んで、2F床組の構造用合板を張って終了です。

 

2F 剛床

2F 剛床

 

2日目は2F部分の柱を建てて1Fと同じように組んできます。小屋組みも組んでいきます。

最後に棟木を備え付けてやっと上棟できました。

 

建て方 鳶の頭

建て方 鳶の頭

 

棟木

棟木

 

木構造

木構造

 

棟木

棟木

 

棟梁が作った幣芯

棟梁が作った幣芯

 

 

最近では、餅まきをする方も減ってしまいましたが、せっかくの縁起物なので、お施主さん

と一緒に上棟式を行い、知り合いの子供たちも参加して餅まきもしました。上棟式で撒くお

餅のことを“おいし”と言ったりもします。

 

餅まき

餅まき

 

お餅と一緒におひねりやお菓子も撒きました。

 

餅まき

餅まき

 

餅まきで使用した“おいし(お餅)”

餅まきで使用した“おいし(お餅)”

 

上棟後の夕景のシルエット

上棟後の夕景のシルエット

 

鶴ヶ島の木造賃貸アパートの新築現場です。

先週、べた基礎部分を打設して、今週は基礎の立上り部分のコンクリートの打設をしま

した。

面積が大きいのでコンクリートの量も多いです。ミキサー車何台分も必要な量なのですが、

幸いなことに現場から数百メートルのところに生コン工場があるので作業はスムーズにい

きました。

 

べた基礎コンクリート打設

べた基礎コンクリート打設

 

コンクリートはミキサー車からポンプ車で隅々まで行きわたるように圧送していきます。

打設しながらバイブレータなどの振動でジャンカなどができないようになじませていき

ます。

 

コンクリート圧送

コンクリート圧送

 

べた基礎を打設したあとの全景です。

 

べた基礎 全景

べた基礎 全景

 

基礎立ち上がり コンクリート打設

基礎立ち上がり コンクリート打設

 

1階の浴室部分の基礎廻りです。点検のために人が通れる人通口部分にはコンクリートを

打設する前に一体となるように断熱材を施工していきます。

 

基礎立ち上がり 浴室気密断熱

基礎立ち上がり 浴室気密断熱

 

注文住宅で使用するコンクリートはスランプ試験はもちろんですが、生コン工場での強度

試験も行っています。

下の写真は先週、打設したコンクリートのサンプルピースの実験結果です。

結果は問題なく、十分な強度が得られています。

 

コンクリート強度試験 

コンクリート強度試験

 

 

 

持ち込まれた杉の丸太を製材しました。

最近、庭や山の製材の依頼が増えています。美術作家さんの問い合わせも多いです。

業者間の取引だけでなく一般の方の持ち込み製材も共和木材ではできます。

賃挽き料金は製材にかかった時間で計算します。

樹種によって硬さなどが違うので料金は変わりまし、あまり硬い樹種だとお断りする

場合もありますが、檜や杉の製材だと10分で3,000円なので

1分間当たり300円換算で、1時間当たりですと18,000円で製材できます。

あまり大きくない庭木一本くらいなら数千円程度でできます。

せっかく伐採した材木をDIYなどで色々活用されるのは嬉しいです。

 

持ち込み製材 杉丸太

持ち込み製材 杉丸太

 

今回製材した杉の木は50㎝くらいの太い木でした。壁板などにして使用する予定なので、

できる限り多くとれるように製材しました。目が詰まっていた木で節もあまりなくいい材木に

仕上がりました。端材はこちらでも処分しますが、端材も必要な場合はお渡ししています。

 

持ち込み製材した杉材

持ち込み製材した杉材

 

Pages: 1 2 Next