省エネ住宅ポイントの受付が予定額に到達したみたいで終了しました。

省エネ住宅ポイントに該当するリフォーム工事は今からだとポイント発行は

できなくなってしまいます。

当社でも該当する物件は代理申請したのですが、まだ手元に交換したものが

届いていない方はもうしばらくお待ちください。

省エネ住宅ポイント

省エネ住宅ポイント

 

発行されているポイントの商品への交換は2016年1月15日(必着)まで大丈夫なので

まだ交換されていない方は早めに交換されるといいと思います。

まだ最大で34万円の補助の埼玉県の木の家の補助金や長期優良住宅仕様で建てる

注文住宅の新築などには100万円の補助金が出る制度もありますので、詳しいことは当社 共和木材

まで、お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

今日は2015年10月21日。

 

ちょっと、かっこつけて意味深なタイトルにしてしまいましたが…

そうです、今日は映画「バック・トゥー・ザ・フューチャーⅡ」で主人公のマーティが

タイムトラベルした日、未来にやって来た日です。

アメリカとは時差でホントは日本だと2015年10月22日ですかね。

 

結構、ネットでも話題になってますよね。

 

バック・トゥー・ザ・フューチャー

バック・トゥー・ザ・フューチャー

 

映画が公開された当時は今から約30年前で、自分はまだは中学生で部活で

野球ばっかやってた頃です。

映画自体は映画館ではなくて公開日より後からテレビ放送で見たわけでしたが、

あの頃は、「2015年なんてすごい先の話だなぁ」くらいにしか思ってませんでした。

ですが、とうとう、2015年10月21日になってしまいました。

 

映画の中で描かれていた未来は車が空を飛んでいたり、スケボーの代わりに子供が

地面から浮いているホバーボードで遊んでいたり、自動で閉まるナイキのスニーカー

を履いていたり、指紋認証ができたり、3D映画のジョーズが襲って来たり、

もちろん自由に時空を超える技術はできてないとおもうのですが…

いろんな未来技術が描かれてました。

 

実現しできたものも、実現できていないものもあるわけですが、

ホント、技術の進歩ってすごいですよね。

 

小さい頃、建築の仕事がしたいと思っていたわけで、漠然と家づくりがしたいと

思ってました。

ちょっと振り返ってみると、自分の思い通りに叶った事と自分の思い描いてた未来と

違う事がたくさんあるのですが、いろんな経験やいろんな人に出会ったことで

結構、面白くやってこれたかなとも思ったりします。

 

仕事のやり方もだいぶ変わりましたよね。昔はFAXなんかでやりとりしていたのが

メールでやりとりしたり。

図面は手書きではなくてCADで作成しますし、ホームページやこのブログを更新した

りと、今日のようにインターネットが発達しては仕事でも日常生活においても必要不

可欠でパソコンがスマホが生活の中心なんて想像もしてませんでした。

もちろん、家づくりの現場でもレーザーでレベルを測ったり木造住宅の造り方も変化

してきました。

 

でも最後はやはり職人の技術であったり、仕事を依頼してくださるお施主さんとの

信頼関係は今までもこれからも変わらず大事なことだと思います。

特に、最近、建設業界では大きな出来事があったので、より一層そのように思い

ます。

 

未来はなかなか想像の範囲を超えていきますが、

これから30年後も今と変わらず信頼を持って家づくりをできていたら

幸せだなと思います。

 

 

Pages: 1 2 Next