先週末、東京ビックサイトで行われた建材の展示会に行っ

てきました。

展示会

展示会

 

住宅機器の展示から木造の骨組みなどあり、会場も広くて混

雑もしていたので一日がかりで見学してきました。

 

各メーカー、各々のブースで色々工夫して展示してあり、

の写真はパナソニックの建具ですが様々なスタイルを比較検

討しやすいように展示してありました。

南仏スタイルの建具

南仏スタイルの建具

 

カフェ空間スタイルの建具

カフェ空間スタイルの建具

 

最近のインテリアの傾向としては若い女性にも人気があるカ

フェスタイルや南仏スタイルが増えてきている気がします。

 

システムキッチン

パナソニック システムキッチン

 

 会場内には、いつもお世話になっている林野庁のブースも

あり、材利用ポイントのPRや木材利用促進のCMで制作

された人形キャラクターなども展示してありました。

 

木材利用促進 木材人形アニメーション

木材利用促進 木材人形アニメーション

 

林野庁ブース 木の人形キャラクター

林野庁ブース 木の人形キャラクター

 

このCMは47都道府県の木材を利用して人形アニメーション

が制作されています。キャラクターは可愛いですし、心がほ

んわかするCMなで是非見て下さい。

ちなみにキャラクターデザインは、NHKのどーも君で有名

合田経郎さんらしいです。

 

 

林野庁ブースには木材利用ポイントのリーフレット以外にも

当社の木の家のリフォーム施工例が採用されているパンフ

レットも展示してありました。

 

 

 会場では模擬上棟式で餅まきの体験コーナーもありまし

た。

餅まきはご存じない方もおられるかもしれませんが、上棟式

に集まってもらった周囲の方々のお祝いの品として家内安全

や事業繁栄を願う行事です。

 

模擬上棟式 餅まき

模擬上棟式 餅まき

 

 

小さい頃は建前があるとお餅やお菓子も一緒にもらえるのが

楽しみで、友達や弟を誘って色んな餅まきに参加しました。

うちの現場なら祖父や父が根に登っていたので、いつか自

分もああいう風になりたいと思っていたのを記憶していま

す。

昔はどの会社の現場でも餅まきはやっていたのですが、最近

見る機会は少なくなってしまった。

餅まきはなかなか経験する機会はない事ですし、やってみる

とお施主さんにご好評いただいているので、当社としてはお

薦めしています。

このブログのコチラにも上棟式の様子はあるので見てみてく

ださい。

 

 

 

 

 

 今日は原木市場の記念展示会市で群馬県の藤岡に行ってき

ました。

原木市場 共和木材

原木市場 共和木材

 

こんなに高く積まれた丸太の山もありましたが、先月の大雪

の影響で例年に比べて出品されていた原木量は少なかったよ

うです。展示会市なので、良質の原木も多く樹種は広葉樹か

ら針葉樹まで色々な種類の原木が出品されていました。

群馬の原木市は競りではなくて入札制なので、出品されてい

る原木をかけて吟味して入札していきます。

 

アカマツ

アカマツ

 

上の写真はアカマツです。なかなか最近は建築用途として使

われるのが少なくなってきました。

 

 突然ですが、鳩山町の「町の木」っご存知ですか?

実は鳩山「町の木」はアカマツなんです。

それと「町の花」はツツジです。だからおしゃもじ山にたく

さん植えられているんですよね。

 ちなみにちょっと宣伝ですが、春に商工会催のおしゃも

じ山つじまつりが2014年4月27日(日)に開催されます。

今年も共材のブースを出店予定です。例年、色んなブー

出て楽しいお祭りですし、住まいの相談もお受けできま

すので是非越し下さい。

 

 マツの話で言うと、よく先代の社長である祖父が地松の事

を「小用松」と言っていた憶があります。あまり他では

いたことがないで、うちの会社内で言い方だったかもし

れませんが。「小用松」とは会社の所である大字小用にち

なんでいると思います。

くい虫の影響で最近はなかなか見る機会が少なくなって

まいましたが、昔は鳩山町でもアカマツは多く生息して

ました。

 

 アカマツやクロマツは地松と言われて、建築用途として主

に建物の梁として多く用いれていました。

マツはなかなか手ごわい木なので十分に乾燥させる必要があ

ります。

自社製材工場の倉庫にも長い年月をかけてで乾燥させている

地松の太鼓梁もストックしてあります。最近は本格的な数寄

屋建築や和風建築の注文が少なくなっているので出番は少な

なってきているので残念です。本的な日本家屋を検討さ

ている方には地松の梁を化粧梁として使わるのをお薦め

ます。

 

ケヤキ

ケヤキ

 

上の写真はケヤキで、「埼玉県の木」はケヤキです。この欅

もかなり樹齢のケヤキでした

 

クリ

クリ

 

あまりこんな大きさのは見る機会がありませんが、こちらの

木はクリです。

直径は64㎝です。普通、栗林にあるクリの木は15㎝から20

㎝なのでなり太いです。

クリは腐りにくく硬い木なので昔は土台などに使われていま

した。

東北地方では流通量が多いので今でも使われると聞いたこと

はありまが、関東ではクリの木の土台を使うことは稀だと思

います。

 

 

最優秀賞

最優秀賞

 

最優秀賞のスギです。木肌も素直で比較的目が詰んでいると

思います。

今回の市では相場は安定していて思ったより多く良材を入札

できました。

 

 

 

 

 

 東日本大震災から3年が過ぎました。あれから3年とは早い

ものです。会社の事務所も大きく揺れ、本棚が倒れて建物の

外に出るのがいっぱいだったのを思い出します。

 

 その当時はこの鳩山町でも、地盤の弱い場所では屋根瓦が

落ちて割れたり、建物に被害があったお宅も多かったです。

大きい余震に気をつけながら、職人と一緒に屋根に上がって

屋根の応急処置をしていました。屋根修理をしているそばか

ら隣近所の方に依頼されて、できるだけ早く修理すのに大

変苦労したのを記憶しています。

 

 政府でも最近首都圏直下型地震の警告も発していますし、

当社でもいつか発生するであろう地震のために木造住宅の耐

震リフォームなどを手掛けています。

耐震リフォームする前にはより良く補強工事を進めるために

耐震診断を行っています。

 

 今回は、今度リフォームするお宅を耐震診断してきまし

た。

当社で行う耐震診断は、簡易的に間取り図だけで判断するの

とは違い実際にお宅にお邪魔して2~3時間をかけて丁寧に調

査していきます。

建築確認の図面があればそれを参考に調査を進めますが、図

面がない場合は実測しながら図面を起こして実際にどこに筋

違などが入っているか、壁材の種類など確認していきま

す。

 

耐震診断 図面作成

耐震診断 図面作成

 

筋違を確認するには色々な方法がありますが、表面からでは

判断できい箇所もあるので小屋裏や床下にもぐります。一

緒に、腐朽している箇所はないか、シロリの被害がないか

も確認していきます。

 

耐震診断 床下

耐震診断 床下

 

耐震診断 小屋裏 

耐震診断 小屋裏

 

下の写真は基礎に鉄筋があるかを鉄筋センサーで鉄筋の有無

やピッチなどを調べているところです。

 

センサーを使って基礎の鉄筋の確認

センサーを使って基礎の鉄筋の確認

 

色々隈なく調査して耐震診断はおよそ3時間くらいで終了し

ました。

 

 リフォームの予定などなくても地震の備え対策として今の

住まいの状況をることは大切だと思います。

耐震診断だけでも受け付けていますし、自治体の補助金も受

けられる場合があります。築年数がたっている住宅に住まわ

れている方には耐震診断はお薦めしています。

 

 以前として東北の復興はまだまだで、自分自身は何の役に

も立てないですが、少しでも早く復興を出来るように願うだ

けです。

 

Pages: 1 2 Next