5月25日、26日の毛呂山町の木の家 構造見学会には多数の方にお越しいただき、誠にありがとう

ございました。

お施主さんにも長時間にわたりご協力いただいて、両日合わせてだいたい30名ほどの方にご来場

いただいて、無事に終了することができました。本当にありがとうございました。

予想外の反響の多さで正直、驚いているところです。

でも、一番驚いたのは、友人の方が群馬県の太田市から自転車で来られたことです。(^○^)

 

木の家 構造見学会1
木の家 構造見学会1

 

見学に来られた方の中には木の家に詳しい方も多数おられて、4寸角の柱や構造体など、しっかり

している構造だと褒めていただき、ほっとしています。材木屋としての誇りがあり、木材にはこだ

わっているので非常にうれしいです。

また、制震ダンパーや設備の配管など熱心に質問されていて、どこに興味があるのかを知る機会に

なり、大変勉強になりました。

その中で見学会でもよく質問されたのが「西川材って何?」という言葉でした。

地元に、住んでいる方でもなかなか、ご存じではないかもしれませんね。

名の由来はというと、江戸の“西”の“川”で運ばれる木“材”、から「西川材」と呼ばれるようになったと

言われています。

この間、テレビ東京の2013年5月4日(土)放送の「出没!アド街ック天国」 『埼玉 飯能』編でも

17位に西川材が紹介されていました。少しずつですが地元の木の良さが侵透していってくれれば

うれしです。

 

木の家 構造見学会2
木の家 構造見学会2

 

木の家 小屋組み
木の家 小屋組み

 

さて、まだ、先のことですが夏頃には完成して、完成見学会を開催させていただける予定です。

今回、見学しに来られた方はもちろん、なかなか見学しに行きづらいと思っている方も駐車場も

お借りしているので是非お越しください。

詳細は日程が決まり次第ホームページやブログ等で告知いたします。

最後にお施主さんご家族とお友達と弊社の代表取締役で記念撮影しました。

 

お施主さんと記念撮影
お施主さんと記念撮影

 

 

毛呂山町の木の家の現場です。

今日の午後は、構造体や金物などの検査でした。

お施主さんも、ちょうどいらしていたので立会いの下、ホールダウン金物や筋違いなどが、

図面通りにちゃんと設置あるか、検査員の方がチェックされていました。

 

検査
検査

 

制震ダンパーは採用している住宅会社少ないので検査員の方も興味津々でした。タルキ止めに

使用している金物も、他の物件ではまだ見たことがないとのことで、珍しがられていました。

柱もすべて4寸角の檜で、構造体もしっかりしていると褒めていただきました。

検査は滞りなく順調に進み、今回の検査は問題なしということで無事に終了しました。

これでひとまず安心で、よかったです。

 

5月25日(土)26日(日)に入間郡毛呂山町で現在建築中の注文住宅の木の家 構造見学会

を開催します。現地は共和木材の本社工場から車で3分くらいのところです。

 

共和木材 木の家 構造見学会
共和木材 木の家 構造見学会

今回の木の家は長期優良住宅仕様で、耐震性と断熱性に優れた木の家です。地震の揺れを低減

する制震ダンパーも採用しています。

完成見学会も予定していますが、完成してからでは柱などの構造体は壁の中に隠れて見ること

ができません。直に、構造体を見る機会は今しかないです。

長年、建築に携わってきて培った技術と新しい技術を是非、触れて見て下さい。

共和木材の自社工場で原木から製材した、埼玉県産 の西川材の檜の柱などの構造体も見てみ

て下さい。

これこそ、本物の木の家だという自負があります。

できるかぎり、お伝えできる範囲内で、木のこと、木の家のことについて、お答えできれば

と思います。

詳細などお知りになりたい方はご連絡ください。

 

Pages: 1 2 3 Next